CLUB Shiny’s BLOG 2号館

色違いのありとあらゆる情報をメインに発信するブログ、「CLUBShiny'sBLOG」が移転しました!今後とも全ての色廃を応援するコンテンツを提供しつづけます!

※6/19修正 ※重要 【兄前国際】 動画内容の訂正 【検証結果】

動画・ブログの更新状況はTwitterから確認できます!

※Youtubeで(ほぼ)毎日20時に
色違いポケモンの厳選放送やってます!

是非チャンネル登録よろしくお願いします!

 

どうも、パンオレです。✌( ՞ਊ ՞)✌

今回、この記事を掲載したのは、最近うpした動画、
【ポケモンXY】親入れ替えても色5V確定 兄前国際孵化法【色違い】に関して、内容に誤りがあった為です。誠に申し訳ないです。✌(_ _)✌


誤植があったのは、検証結果の項目の、
親関連  無性別×メタモン
道具関連 パワー系×糸の処理


の2つです。



親関連 無性別×メタモン

動画内では、
「無性別×メタモンでも、色は固定される」
のように説明されています。

確かに色固定される(こともある)のですが、見落としていたことがありました。
発端は二日前(2014/06/11)、二回目の兄前に成功したことです。


今回はこのような個体の固定に成功。

性格:のんき
性別:(♂:♀=1:1の時) ♀ (性別値は31~126の間でした)
特性:通常
個体値の遺伝か所 ♂からH、♀からBCDS(A抜け)


これをみて、私は「ロトム」にしようと思いました。
しかし、一つ疑問が。

「無性別×メタモンが色になるのはやったから知ってるけど、どっちが♂側でどっちが♀側になるんだ?」

まぁそれは、2通り試せばわかることだろ、と思い、
HBCDSのロトム と
BC  のメタモン を用意しました。
仮に♂側をメタモンが担当するなら、メタモンにHVはないので、生まれた子にHVが無かった場合、ロトムが♀側ということが分かります。なのでBCDSで生まれるはず、と仮定

が、生まれてきた子は
BCS
でした。

あれ?なんか変だな、と思い、色々ボックスにいるメタモンをとっかえて試し、
HBCDSのロトム と
HA  のメタモン で試すと、

性格:おくびょう
性別:(勿論不明だが、性別値自体に変化はないかもしれない)
特性:通常
個体値の遺伝か所 メタモンからHA ロトムからBCS (D抜け)


に変化したのです!!
つまり、この時点で新たに判明したことを纏めると、

「無性別×メタモンでも、問題なく色固定は出来るが、性格、個体値の遺伝か所とランダム値が変化してしまう」

ということが分かりました。
性格まで変わってしまうのは、ちょっと驚きでした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※6/19追記
別の色固定に成功したとき、同じく親を入れ替え「無性別×メタモン」でやったところ、
色になりませんでした!!! ∑(՞ਊ ՞ )

情報が二転三転してしまい申し訳ありません!!✌(_ _)✌

つまりこれにより、
「親を入れ替え”無性別×メタモン”でやった場合、色になるか否かは運次第」
ということになりました!
これに関しては研究データが入り次第詳しく言及します!!

↓【6/20追記】新しいデータを纏めました!
【兄前国際】無性別×メタモンで色孵化する際の注意点


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


しかし、発見はこれだけではなかったのです!!



道具関連 パワー系×糸の処理
「う~~ん、偶然にも臆病がきたのはうれしいんだけど、ロトムでD抜けはなぁ・・・」
ちなみに50レベ戦して正確に計った所、D=1でした (# ՞ਊ ՞)
そこでDを遺伝させるパワー系を持たせ、糸×パワーD遺伝でやることにしました。



動画でもD抜けしたので、仮にこのD抜けが気に食わなかったと仮定して、
Dを遺伝させたらどうなるか紹介しました。



結果は色は固定されたままで、持たせた♀のDが遺伝し、Bにランダム値が発生しています。
その他パワー系でどうなるかも、H遺伝、B遺伝のとき”のみ”説明しており、どちらも色固定はされつつ、個体値の調整が出来たと紹介されています。

しかし、全部検証しなかったことが誤植に繋がってしまいました・・・。



今回、
メタモンからHA ロトムからBCS
の個体値が遺伝しているとき、Dを遺伝させあわよくば色HBCDSが生まれればとやってみた所生まれたのはなんと、
「通常色のHBCDS」
でした!∑(՞ਊ ՞ ;)

「な、なぜ通常色なんだぁ!?」

深夜2時の俺大パニックww 一応糸を確認しましたがバッチリ持っていました。

これはもう全通りやるしかないな、というわけで、今日必死こいて検証していましたw
その結果がこちらです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コイキング♂×コイキング♀
糸のみ     色違い のんき♀ ♂H ♀BCDS A24~25 

♂パワーH ♀糸 色違い のんき♀ ♂H ♀BCDS A24~25
♂糸 ♀パワーH 色違い のんき♀ ♀HBCDS A24~25

♂パワーA ♀糸 通常色 のんき♀ ♂HA ♀BDS C18~19
♂糸 ♀パワーA 通常色 のんき♀ ♂H ♀ABDS C18~19

♂パワーB ♀糸 色違い のんき♀ ♂BCS ♀HA D1 
♂糸 ♀パワーB 色違い のんき♀ ♂CS ♀HAB D1

♂パワーC ♀糸 通常色 のんき♀ ♂HC ♀BDS A4~5 
♂糸 ♀パワーC 通常色 のんき♀ ♂H ♀BCDS A4~5

♂パワーD ♀糸 通常色 のんき♀ ♂HCD  ♀BS A12~13
♂糸 ♀パワーD 通常色 のんき♀ ♂HC ♀BDS A12~13

♂パワーS ♀糸 通常色 のんき♀ ♂HCS ♀BD A4~5
♂糸 ♀パワーS 通常色 のんき♀ ♂HC ♀BDS A4~5
(※パワーAはAが遺伝するパワー系アイテムの略)
(※特性は変化しないので省略)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロトム×メタモン
糸のみ      色違い おくびょう メタHA 無BCS D1

メパワーH 無糸 通常色 おくびょう メタHD 無BCS A4~5
メ糸 無パワーH 通常色 おくびょう メタH 無BCDS A4~5

メパワーA 無糸 通常色 おくびょう メタHA 無BCS D18~19
メ糸 無パワーA 通常色 おくびょう メタH 無ABCS D18~19

メパワーB 無糸 色違い おくびょう メタHAB 無CS D1
メ糸 無パワーB 色違い おくびょう メタHA 無BCS D1

メパワーC 無糸 通常色 おくびょう メタCD 無HBS A4~5
メ糸 無パワーC 通常色 おくびょう メタD 無HBCS A4~5

メパワーD 無糸 通常色 おくびょう メタHD 無BCS A2~3
メ糸 無パワーD 通常色 おくびょう メタH 無BCDS A2~3

メパワーS 無糸 通常色 おくびょう メタDS 無HBC A4~5
メ糸 無パワーS 通常色 おくびょう メタD 無HBCS A4~5
(※メ・・・メタモン  無・・・無性別ポケモン(今回はロトム))


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように、ほとんどのパターンで色違いになっていませんでしたwww
これをみてあれこれ法則性を考えていたのですが、現時点で分かったことをお伝えします。

<糸×パワー系でやったとき、色固定されているパターン>
これは恐らく、糸のみの時に固定した個体値のランダム値と同じ値を持っているときのみ、色固定されるのではないかと推測します。

今回の例ですと、
コイキング糸のみ     ♂H ♀BCDS A24~25
ロトム糸のみ        メタHA 無BCS D1
のようになっていますが、

これに、
コイキング糸のみ     ♂H ♀BCDS A24~25 ①
ロトム糸のみ        メタHA 無BCS D1  ②
のように、個体値のランダム値のパターンに番号を振ります。

そして、このパターン①、②のランダム値と一致したパターンをもつものを先程の表からみてみると、



コイキング♂×コイキング♀
糸のみ     色違い のんき♀ ♂H ♀BCDS A24~25 ①
ロトム×メタモン
糸のみ      色違い おくびょう メタHA 無BCS D1  ②

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
♂パワーH ♀糸 色違い のんき♀ ♂H ♀BCDS A24~25 ①
♂糸 ♀パワーH 色違い のんき♀ ♀HBCDS A24~25   ①

♂パワーB ♀糸 色違い のんき♀ ♂BCS ♀HA D1    ②
♂糸 ♀パワーB 色違い のんき♀ ♂CS ♀HAB D1    ②
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メパワーB 無糸 色違い おくびょう メタHAB 無CS D1  ②
メ糸 無パワーB 色違い おくびょう メタHA 無BCS D1  ②


この3パターンが、①、いずれかのランダム値と一致していて、そのとき必ず、色固定されていることが分かりました!(伝わるかな・・・?w)

しかし、分かったのはそこまでww(おい
どのように個体値の遺伝か所が配置されるのか、ランダム値がどこに入るのか、ランダム値のパターンはいくつ生成されるのか、まだまだ不明点が多いです。

遺伝か所の配置についてはなにか法則性がありそうですが・・・
私の頭じゃ分かりませんでしたww教えてエロい人ww
分からなくても、それに対応するV持ちの親を持って来ればいいだけの話なので、別に大したことはなさそうww
ランダム値のパターンは今回6種類ありましたが、これも毎回やるたびに全パターンの数が変動しそうな気も。
いずれにせよ、また兄前に成功して別の値で検証しないとちょっとわからないかなー。
もし成功した人の中で物好きな方がいましたらデータを提供して頂けるとたすかります(おい


色々グダグダ言いましたが、現時点で恐らく確定していることを纏めると、
糸のみのときに生成された個体値のランダム値
性別がある時のランダム値     

無性別×メタモンの時のランダム値 

       ↓
パワー系で調整したときに生成された個体値のランダム値
またはいずれかのランダム値と合致
       ↓
      色固定!?

という感じですかねー。
なんか、動画の修正記事なのにかなり中途半端で申し訳ないです・・・。
私の力不足ですね・・・。
最悪、開き直ってパワー系と関わるのを辞めればいい話ですがねw
仕様としてこういう風な変化が起こってるのをみるとどうなるのかが気になって仕方ないタチでして・・・(; ՞ਊ ՞)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※6/19追記
ですが、今回無性別×メタモンで色にならない場合、つまりランダム値が②と一致しても
色にならない場合が見つかりました・・・
性別ありで色固定出来たランダム値①と一致する場合のみしか、パワー系でのコントロールは難しそうです。
なんにせよ、「石無しの性格が使いやすい性格かつ、パワー系で個体値を調整したとき、必要ない箇所が抜けて色違いで生まれる」なんてめったに満たせる条件じゃないのでますます使う機会はなくなりそうですねwww
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結局、今回の子をロトムではなく、シャンデラにすることに決定。
夢特性またスカしたのは痛いけど、A抜けは特殊AT作るのに使いやすいですからね。

というわけで、なにか分かったら報告します。
この辺の話に詳しい方はコメントでご助言して頂けると助かりますw
また、他の成功したデータで上記の検証を行ったデータも随時募集中ですので宜しくお願いします!

動画・ブログの更新状況はTwitterから確認できます!

※Youtubeで(ほぼ)毎日20時に
色違いポケモンの厳選放送やってます!

是非チャンネル登録よろしくお願いします!

 

~PickUp‼アナタにおススメ記事~